DOWAエコジャーナル > カタログに載らない話 記事一覧 > DOWAエコシステムの4本の矢 −土壌浄化工事、地質コンサルティング

カタログに載らない話

DOWAエコシステムの4本の矢 −土壌浄化工事、地質コンサルティング

今回は、DOWAエコシステムの土壌地下水浄化事業の施工部門を担う、ジオテクノス(株)の紹介をさせていただきます。
ジオテクノスは、DOWAエコシステムグループの環境エンジニアリング・コンサルティング会社です。ジオテクノスの事業の柱は「地質コンサルティング」および「土壌浄化工事」です。

1)地質コンサルティング事業

当社では、地質調査、地化学探査、物理探査、リモートセンシング解析、試錐工事、応力測定・解析などの地下探査技術を応用して、「金属鉱物資源探査」、「地熱/温泉開発調査」、「地下構造物設計に係る調査」やコンサルティング業務を担っています。

1)-1 金属鉱物資源探査:

DOWAグループが培った金属鉱物探査技術を受け継ぎ、さらに地質調査や地化学探査、物理探査など各分野の最先端の手法を用いて、鉱石の安定供給をサポートしています(メキシコ、ボリビア、フィリッピン、トルコ、モロッコ、ジンバヴェ、ナミビアなど)。近年では、リモートセンシング・GISを積極的に利用し、調査精度の向上と調査期間の短縮の両立を実現しています。

※GISとは 国土地理院HP┣http://www.gsi.go.jp/GIS/whatisgis.html

GISを用いた地質の解析

電気探査の解析図

1)-2 地熱/温泉開発調査・施工:

地熱エネルギーは純国産のクリーンエネルギーであるため、将来の発展が期待されています。当社は2,000m級の掘削装置、高度な掘削技術および地熱調査に伴う高温熱水の取り扱いや熱水・蒸気の暴噴を避けるノウハウを有し、開発計画の初期段階から安定した蒸気の供給に至るまでをサポートいたします。

地熱系探査の概念模式図

1)-3 地下構造物設計に係る調査:

トンネルなど地下に建設される構造物の設計のためには、岩盤初期応力を測定する必要があります。地下深部の岩盤初期応力は一般構造物に関する負荷応力に相当し、地下空間設計において最も重要なパラメータであり、地下構造物の安全性、寿命などを支配する主要因子です。岩盤初期圧力を直接測定する方法の一つである水圧破砕法について、ボーリング孔を利用して、当社独自に開発したワイヤライン式小規模水圧破砕システムを用い、測定を実施します。


ワイヤライン式小規模水圧破砕システムの施工

▲このページの先頭へ

2 調査から設計・対策まで一貫した環境エンジニアリング事業

土壌汚染調査から浄化工事まで、また、埋設物調査から除去工事と廃棄物処理まで、一括してお引き受けできる体制を整えております。特に環境にやさしい工事が重要と考え、調査工事・浄化工事における汚染の拡散、周辺環境への配慮を怠りません。

2)-1 土壌汚染調査

一般的な土壌汚染状況調査(表層土壌ガス調査、ボーリング調査)に加え、地下埋設物確認のための調査(電気探査及び電磁探査などの物理探査)と、地下水解析(水質モニタリングおよび流体流動、化学物質拡散などのモデル解析)等を組み合わせ、汚染源の把握から環境予測まで迅速で正確な調査を実施します。

2)-2 土壌汚染浄化工事

最適な浄化対策を設計し、浄化工事、モニタリングまでを、一貫して実施します。

  • 場外処理(off site):
    現地での掘削除去工事から運搬・処理工事まで全てお任せください。
  • 現地浄化(on site):
    DOWAグループで開発した鉄粉を用いたDIM工法(Direct Iron Mixing)による汚染源の浄化、PRB(Permeable Reactive Barrier、透過反応壁)設置による地下水などの汚染拡散対策、揚水処理による地下水処理等、汚染物質の分布、現地の土地利用に併せて、さまざまな工法を組み合わせ、最も効果的で恒久的な浄化工事や現地に即した拡散防止工事を実施します。


PRB施工風景

2)-3 埋設廃棄物対策

  • 近年問題になっている硫酸ピッチやPOPs系農薬などの難処理埋設廃棄物について、埋設物除去工事から処分まで、一貫した高度な処理技術と実績を有しています。
  • 埋設された廃棄物の除去工事および漏洩により汚染された土壌の掘削工事はもちろん、廃棄物から汚染土壌まで、安全な運搬、中和処理及び最終処理まで、より安全に確実に、DOWAグループ内で一括してお引き受けいたします。


埋設廃棄物(農薬)の掘削除去

2)-4 ダイオキシン/アスベスト対策をともなう環境工事・対策

  • 焼却炉解体撤去・ダイオキシン対策:焼却炉の解体撤去に際しては、ダイオキシン類の大気への飛散防止、洗浄排水の回収、作業労働者へのばく露防止対策、ダイオキシン汚染廃棄物の適正処理など、工事によるダイオキシン類汚染の拡散等に徹底的に配慮し、安全管理と環境保全に努めます。ダイオキシンを含む廃棄物についても最終処理までを、一括してお引き受けいたします。
  • アスベスト対策をふくむ環境対応型解体工事:アスベストの調査から除去作業中の飛散対策・除去後の安全確認までトータルのアスベスト対策を実施します。含アスベスト廃棄物については適切な処分をご提案します。また、一般の解体工事でも周辺環境に配慮した解体工事の実施を行います。資源の有効利用と環境保全のため「建設リサイクル法」に基づく工事については、速やかに届け出手続きを実施、分別解体と再資源化を行っています。

※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ