DOWAエコジャーナル > カタログに載らない話 記事一覧 > エコプロ2019のパネル紹介 その3 資源リサイクル

カタログに載らない話記事一覧 ▶︎

エコプロ2019のパネル紹介 その3 資源リサイクル

資源循環を通じて、持続可能な社会への貢献を目指します。

私たちDOWAエコシステムは、「資源循環を通じて持続可能な社会の構築を目指す」という企業理念のもと、限りある資源を有効活用するために、多種多様な資源をリサイクルできる高度な技術を発展させてきました。
このリサイクル技術とDOWAグループのリサイクルネットワークによって、豊かな暮らしの創造と持続可能な社会づくりに貢献しています。

さて、1つ皆さんにうかがいます。そもそも、どうしてリサイクルが必要なのでしょうか?

単に捨ててしまうともったいないですし、限りある資源を有効利用して、これからも豊かな生活を送りしたいですよね。また、リサイクルせず捨ててしまうと最終処分場が埋め立てられて一杯になってしまい、将来、社会にゴミが溢れてしまうかもしれません。様々な観点から、リサイクルは必要なのです。

ではもう1つうかがいます。私たちの身近な製品にも金属や素材がたくさん使われていますが、使い終わった家電製品やパソコン、携帯電話などはどの様にリサイクルされるか知っていますか?

こうした電気製品のリサイクルは、皆さんにとってあまり身近とは言えないリサイクルかもしれませんが、私たちは、家電製品やパソコン、携帯電話などの電気製品に含まれる金属を濃縮して精製し、製品の原料として使われるよう、適正にリサイクル処理することで、また新しい製品の原料へとなっていきます。

家電4品目(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)は家電リサイクル(家電リサイクル法)に、パソコンはPCリサイクル(資源有効利用促進法や小型家電リサイクル法)に、携帯などは小型家電リサイクル(小型家電リサイクル法)にと分別して排出する事がリサイクルを推進することにつながります。限りある資源が循環利用されて環境にやさしい社会になるよう心がけていきましょう。

※画像をクリックで拡大します

※画像をクリックで拡大します

※画像をクリックで拡大します

参考リンク

経済産業省ホームページ
家電4品目の「正しい処分」早わかり!|家電リサイクル法

パソコン3R推進協会ホームぺージ
家庭系PCリサイクル

環境省ホームぺージ
小型家電リサイクル回収ポータルサイト


和田 この記事は
DOWAエコシステム 企画室
和田 が担当しました

※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ

⬆︎