DOWAエコジャーナル > カタログに載らない話 記事一覧 > エコプロ2019のパネル紹介 その2 DOWAエコシステムの海外事業

カタログに載らない話記事一覧 ▶︎

エコプロ2019のパネル紹介 その2 DOWAエコシステムの海外事業

1. 東南アジアの現状

(ア)
日本の経済発展と環境問題の歴史
日本では、経済発展の一方で環境問題が発生し、それに対するルール作りの中で廃棄物処理などの環境事業が拡大してきました。

※画像をクリックで拡大します

(イ)
東南アジアの現状
東南アジアは経済成長のさなかにあり、近年特に顕著で、30年前と比べると各国の1人当たりGDPは4倍を超えています。


ミャンマーのごみ堆積場

東南アジアは、かつての日本と同じように、経済成長に伴って廃棄物の発生量が増加し、有害な廃棄物も多く発生する様になりました。法制度の整備が進められているものの、実際の廃棄物処理インフラは十分とは言えません。いまだに一部では写真の様な状況も見られます。

2. 拠点

適正な廃棄物処理やリサイクルのインフラ整備が強く望まれている東南アジアで、DOWAは日本で培った技術で安全・安心のサービスを提供し、各国の環境課題の解決に貢献していきます。

※画像をクリックで拡大します


和田 この記事は
DOWAエコシステム 企画室
和田 が担当しました

※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ

⬆︎