DOWAエコジャーナル > カタログに載らない話 記事一覧 > シュレッダーダストのリサイクル その1

カタログに載らない話

シュレッダーダストのリサイクル その1

今回は、シュレッダーダスト リサイクル事業についてご紹介します。

シュレッダーダストのリサイクルは、平成14年3月に秋田県でエコシステム小坂が操業を開始し、平成17年には岡山県でエコシステム岡山が操業を開始しました。千葉県に立地するエコシステム千葉でもシュレッダーダストの受入れを行っており、現在、日本全国のシュレッダーダスト類を取り扱っております。

それまでリサイクルが困難であったシュレッダーダストから、金属を回収してリサイクルし、シュレッダーダストを燃料として、同エリア内の工場で必要な蒸気を製造したり、シュレッダーダストを燃焼させた熱を利用して発電を行い売電も行っています。

詳しくはDOWAエコシステムHPをご覧ください:
http://www.dowa-eco.co.jp/business/recycle/car_shredder_dust/

今回は、DOWAエコシステムグループで受け入れているシュレッダーダストについてご紹介します。以下が受け入れ対象物の例です。

■受け入れ対象物(例)

自動車シュレッダーダスト 産業廃棄物破砕残渣
建設系廃棄物破砕残渣 選別残渣(容器リサイクル法)
選別残渣(家電リサイクル法)  

一言に「シュレッダーダスト」といっても、破砕される前の廃棄物の性状によって、様々なものがある事がわかります。

■物流

物流に関しても、大型トレーラを用いて大量ロットでの運搬や、CO2排出量の少ない貨物列車による広域輸送をご案内致しております。

■ストックヤード

御客様の繁忙期に対応できるように、また弊社工場のメンテナンス時の対応に備え、数千トン規模のストックヤードを各所に保有致しております。

この記事は
エコシステムジャパン
諸星 が担当しました

※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ