DOWAエコジャーナル > カタログに載らない話 記事一覧 > 「エコプロ2016~環境とエネルギーの未来展」展示内容のご紹介(2)

カタログに載らない話

「エコプロ2016~環境とエネルギーの未来展」展示内容のご紹介(2)

2016年12月8日~10日に開催されました、「エコプロ2016~環境とエネルギーの未来展」での展示から「ゴミはどうなっている?/ DOWAの廃棄物処理事業」パネルを説明させていただきます。

※全ての展示パネル内容は前回記事よりご覧ください。
カタログに載らない話 2017年 1月号

※画像クリックにてPDF版を閲覧・ダウンロードしていただけます。
文章、図表等については、出典を明記すれば転載していただいて構いません。
ただし、商業目的の使用はご遠慮ください。

1)日本のごみ処理事情 〜ゴミはどうなっている?〜

日本ではゴミを大きく2種類に分けています。みなさんの家庭から出るゴミ、「一般廃棄物」と工場などから出るゴミ、「産業廃棄物」があります。

まず、皆さんの家庭からでる一般廃棄物は1年間に約4,500万トンであり、日本の人口で割ると、一人当たり1年間に約354kgとなります。このことから、日本では一人当たり毎日約1kgのゴミを出しながら生活しているといわれています。

また、工場から出る産業廃棄物は年間3億8,500万トンもあり、1日で東京ドーム約1杯分(廃棄物比重を1とした場合)ほど発生します。この3億8,500万トンの内、1億8,000万トンは、有害であったり、再資源化ができないものであり、直接リサイクルされていません。

1)日本のごみ処理事情 〜ゴミはどうなっている?〜

2)きちんと きれいに 最後まで ~DOWAの廃棄物処理~

これらの直接リサイクルされない産業廃棄物も、無害化や、不溶化をして安全に処理しないと、町中が廃棄物であふれかえってしまいます。そこで我々DOWAエコシステムは、その廃棄物を燃やすことで、有害物質を分解して害のないものにする「無害化」や有害物が溶け出さないようにする「不溶化」、燃やして灰にすることでゴミを小さくして減らす、「減容化」を行っています。

ほかにも、廃棄物を燃やす時の熱を利用して発電をしたり、焼却した後の廃棄物を、道路を作るときの原料に再利用するなど、リサイクルにも積極的に取り組んでいます。

2)きちんと きれいに 最後まで ~DOWAの廃棄物処理~


パネル(4)(6)(7)(8)につきましては、引き続きこのコーナーにて詳細を説明させていただきます。


池田 この記事は
DOWAエコシステム ウェステック事業部
池田 が担当しました

※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ