DOWAエコジャーナル > リスクのクスリ 記事一覧 > 土地取引の際には、土壌汚染調査は必要なのか?

リスクのクスリ

土地取引の際には、土壌汚染調査は必要なのか?

特定有害物質を取り扱う事業所や、大規模な改変時においては、法律や条令による調査の義務が発生します。それ以外の場合は、法等による調査を実施する義務はありません。

しかし、実際の土地取引では、過去の履歴を確認する資料等調査(フェーズ1調査)や土壌試料等を採取して分析する(フェーズ2調査)を実施することが一般的になっています。

これは、土壌汚染が土地の売買後に確認された場合、以下に示すような様々なデメリットが生じるためです。

  デメリット例
買い主側 ① 開発時に想定外の費用が発生(残土処分費用が3~5倍に脹れあがる)
② 転売することが困難になる
③ 行政から対策の実施を求められる
売り主側 ① 売買契約の解除を求められる
② 契約不履行による遅延損害等の損害賠償を求められる

※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ