DOWAエコジャーナル > リスクのクスリ 記事一覧 > 土壌汚染が見つかったら、対策しなければいけないのか

リスクのクスリ

土壌汚染が見つかったら、対策しなければいけないのか

土壌汚染対策法では、土壌汚染により人の健康被害が生ずるおそれがある場合は、その被害を防止するために最低限、盛土や遮水等による対策が必要とされています。
そのため、汚染された土地が被覆されている場合や、対象地の周辺に飲用に供する井戸がない場合等には、必ずしも、対策の義務は生じません。
なお、詳細な判断は管轄行政により異なりますので、判断にお困りの場合はお問い合わせください。


※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ