DOWAエコジャーナル > タイにおける有害廃棄物の焼却処理を拡大します

News

タイにおける有害廃棄物の焼却処理を拡大します

BPEC社は流動床式焼却設備と発電設備を保有し、主に非有害廃棄物の焼却処理と熱回収・発電を行ってきました。

2017年にはフロンやエアバッグに処理品目が限定された制限付きの有害廃棄物認可を先行して取得し、これらの焼却処理を開始しましたが、今回、タイ当局から有害廃棄物焼却処理の増量認可(固形物30トン/日、廃液60トン/日)を取得しました。
これにより、2019年10月から有害廃棄物の受入と処理を大幅に拡大します。

また上記認可取得に合わせて新たに専用の焼却炉を導入し、同じく2019年10月からリチウムイオン電池などのHV/EV用廃電池の熱処理とリサイクルを開始します。

今後は化学工業分野を中心に、有害廃棄物の廃液や汚泥などの受入を拡大すると同時に、廃電池などの処理を通じて、タイにおける資源循環システムの構築に貢献していきます。

【BPEC 会社概要】

1. 本社
966 moo 2 Soi 3, Bangpoo Industrial Estate, Sukhumvit Rd, Bangpoo Mai, Muang Samutprakarn, Samutprakarn, Thailand
2. 設立
2002年
3. 資本金
420 million Thai Baht
4. 従業員数
約140名
5. 株主
DOWAエコシステム(株)100%
6. 業務内容
廃棄物の焼却・熱回収、燃料化

廃棄物処理に関するお問い合わせ

タイ:WMS(Waste Management Siam)社 狩野 +66 844 39 2982
日本:DOWAエコシステム 海外事業推進部  湯本 03(6847)1230


※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ