DOWAエコジャーナル > なるほど話 記事一覧 > レアメタルとDOWAで回収可能な元素の用途/価格/可採年数など

なるほど話

レアメタルとDOWAで回収可能な元素の用途/価格/可採年数など

世の中には様々な元素が、様々な用途で使われており、元素によって価格・可採年数等が異なります。
可採年数とは、現時点でわかっている埋蔵量を年間の使用量で割って算出します。新しい鉱床が見つかったり、使用量が減れば可採年数は伸びますが、使用量が増えれば可採年数は減少します。

エコプロダクツ2014にて展示し、ご好評をいただきました、レアメタル31種類と、DOWAグループで回収可能な元素22種類の、使用用途、金属価格、可採年数などをまとめた一覧表を掲載します。

【PDF版をダウンロード】

レアメタル31種
DOWAグループで回収可能な元素22種

レアメタル31種 DOWAグループで回収可能な元素22種


この記事は
DOWAエコシステム 企画室
林 が担当しました

※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ