DOWAエコジャーナル > エコペディア 用語一覧 > マイクロプラスチック(Microplastics)

エコペディア

マイクロプラスチック(Microplastics)

まいくろぷらすちっく

マイクロプラスチックとは、その名の通り、小さなプラスチックを指します。大きさに国際的な定義はありませんが、一般的には粒子経が5mm以下と言われています。

マイクロプラスチックの発生源は、元々微細な粒子が洗顔剤や歯磨き粉に研磨剤(マイクロビーズ)などとして使われたものや、レジ袋や発砲スチロールなどが劣化して粉々になったものなどがあります。

近年、このマイクロプラスチックによる海洋汚染が環境問題として認識されるようになり、国際的な取り組みが進められています。


森田 この記事は
DOWAエコシステム 環境ソリューション室
森田 が担当しました

※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ