DOWAエコジャーナル > エコペディア 用語一覧 > 排出量取引

エコペディア

排出量取引

はいしゅつりょうとりひき

地球温暖化の原因とされるCO2など、いわゆる温室効果ガスの削減を目指し行われる仕組み。具体的には、基準となる排出量を設け、それ以降、実際の温室効果ガスの排出量が上回れば市場などから排出枠を購入し、逆に、削減量が基準を下回れば、その分を販売できるという考え方である。代表的な方法として「キャップアンドトレード方式」と「ベースラインアンドクレジット方式」がある。

なお、表現として「排出権取引」、「排出量取引」や「排出枠取引」などがあるが、「排出権取引」などは「排出する権利、してもいい権利」と解釈されてしまうことなどもあり、ほぼ2008年ごろから「排出量取引」と表記されるようになってきている。


※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ