DOWAエコジャーナル > エコペディア 用語一覧 > 暴露(ばくろ)

エコペディア

暴露(ばくろ)

体内に取り込むこと

土壌汚染対策法では、具体的に以下のような状況で有害物質を体内に取り込むことを「暴露がある」としています。

  • 汚染された土が手について、(知らず知らずのうちに)土を口に入れてしまう
  • 汚染された土が風で飛び散って口に入ってしまう
  • 汚染された土から有害物質が溶け出した地下水を飲んでしまう

<汚染土壌対策法での考え方>

汚染土壌対策法では、土壌汚染による環境リスクの大きさを
土壌汚染による環境リスク=有害性の程度×暴露量
として捉えています。

汚染があったとしても、暴露がない、つまり、人の体内に取り入れられることがない状態であれば、環境リスクは問題の無いレベルになります。暴露量の程度を下げるためには、物質によって異なりますが、封じ込めや盛り土等の措置で対応が可能です。

また、指定基準以下に浄化された土壌であれば、暴露があっても、つまり、人の体内に取り入れられることがある状況でも、環境リスクは問題の無いレベルになります。有害性の程度を下げるためには、主として掘削除去、原位置浄化等の措置が必要となります。

このように、土壌汚染による環境リスクの管理のためには、有害性の程度(汚染物質と濃度)または、暴露量をコントロールすることになります。


※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ