DOWAエコジャーナル > エコペディア 用語一覧 > グリッド法

エコペディア

グリッド法

正式用語ではないが、対象地を10m×10m単位格子に分け、単位格子内から代表サンプルとして土壌を採取し、その結果をもってその区画の土壌汚染を評価する考え方の事


※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ