DOWAエコジャーナル > エコペディア 用語一覧 > 沖永良部島

エコペディア

沖永良部島

沖縄本島の少し北、北緯27度東経128度付近に位置する
東西約20km・西辺の南北が約10km、面積93.65km2。人口14,551人(2005年)
昇竜洞をはじめとする鍾乳洞群があり、島の周辺はサンゴ礁となっている。ダイビングスポットとしては、多様な珊瑚礁と2月頃にはギンガメアジの大群が見れる事が有名。

2009.9.15 コラムのつづき

沖永良部島は、沖縄本島の北の目と鼻の先に思いますが、鹿児島県です。鹿児島ナンバーの車が走り、鹿児島銀行がたくさんありました。最初はちょっと、不思議な感じでした。
青い空、白い雲、青い海、白い砂で、観光地化されていなくて、とても心地いい風景でした。
実際に暮らすには島国の辛さがあるのでしょうけれども、海カメを大事にしていたり、大きなガジュマルの木があったり、シンポジウムでの発言から、島を守っていこうという気持ちを感じました。

くり舟競争
漕ぎ手が8人、先頭に音頭を取るリーダーが1人の計9人で漕ぎます。
町の方は、とてもスムーズに漕いでいたので、簡単そうに見えましたが、実際は、漕いでも漕いでも前に進まない・・・(泣)。
肩を軸に腕を回しながら漕ぐので、次の日は、肩から背筋が筋肉痛でした。


※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ