DOWAエコジャーナル > カタログに載らない話 記事一覧 > エコシステム小坂は、低濃度PCB廃棄物の無害化処理認定を受けました。

カタログに載らない話

エコシステム小坂は、低濃度PCB廃棄物の無害化処理認定を受けました。

エコシステム小坂では、低濃度ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物を流動床式焼却炉において焼却し、850度以上の高温でPCBを分解・無害化します。焼却処理で生じるばいじんは小坂製錬株式会社の非鉄製錬原料となります。

そのため、鉛等の重金属類を多く含む低濃度PCB廃棄物についても確実に処理することができ、重金属類は地金としてマテリアルリサイクルすることが可能です。

エコシステム小坂の低濃度PCB処理についての表

DOWAエコシステムグループでは、エコシステム山陽(岡山県)、エコシステム秋田(秋田県)、光和精鉱(福岡県)にて、低濃度PCB廃棄物の処理を行っております。
引き続き確実かつ安全に多様な低濃度PCB廃棄物の処理を進め、2027年3月を法定期限とするPCB廃棄物の処理推進へ貢献してまいります。

エコシステム小坂の全景写真

【エコシステム小坂について】

〒017-0202
秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山字尾樽部60-1

【主な業務】
ASR、シュレッダーダストからの金属回収、蒸気製造

【お問い合わせ】

エコシステムジャパン株式会社 SDリサイクル部
〒101-0021
東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル22F
TEL:03-6847-7011 FAX:03-6847-7028

【関連サイト】

DOWAの低濃度PCB廃棄物処理ホームページ
低濃度PCB廃棄物(塗膜)の処理


この記事は
エコシステム小坂株式会社
湯本 が担当しました

※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ