DOWAエコジャーナル > カタログに載らない話 記事一覧 > 事業展開に必須! 海外の法規制 動向調査サービス

カタログに載らない話

事業展開に必須! 海外の法規制 動向調査サービス

今回は、DOWAエコシステムのグループ会社で、環境コンサルティングを始めて40年、環境コンサルティング一筋(専門会社)のイー・アンド・イーソリューションズ(株)(E&ES)から、法規制等の調査サービスに関する業務を紹介いたします。

■スピーディな対応

E&ESでは、世界で環境コンサルティングを展開しているアメリカのURS社との技術提携をはじめ、世界の環境コンサルティング会社とのネットワークを最大限に生かし、世界中のどこの国でも、どんなご要望にもお応えできるような体制を構築し、各種サービスを提供しています。

■新製品・サービスの市場投入に伴う法規調査

REACHやRoHSなど、様々な製品に含まれる化学物質に関する様々な規制が様々な国で施行され、また、強化される動向にあります。
御社が新たな商品、サービスを国内・海外でリリースする際には、その商品に対する規制の把握が必須です。製造者責任、化学物質規制等などの規制への対応が不十分な場合、対象商品のみならず、御社に対する罰則や訴訟などのリスクに会社が直面することになります。

そこでE&ESでは、御社の商品を新たに投入する際に対処しなければいけない、そして知っておかなければならない規制法規等の調査を行っております。

■新規拠点の構築に伴う法規等調査

海外に進出する際には、事業所内に設置する設備ごとに様々な規制がかかる場合があります。設備以外にも、操業中に遵守すべき規制・労働安全衛生に関する規制など、国内では当たり前に把握できている事でも海外では勝手が異なります。
海外拠点で把握している規制情報に不足はないか、日本での情報確認と検証のために依頼を頂く場合もあります。

さらに、現地エネルギー事情や、企業としての温暖化対策への取組の一環として、場合によっては再生可能エネルギー導入を検討することが必要になるかもしれません。検討対象地における再生可能エネルギーのポテンシャル評価などは、事業の採算面にも大きなインパクトを与えます。E&ESでは、これらの拠点構築に伴う各種法規調査、ポテンシャル評価等のサービスを提供しております。

■法規制の動向調査サービス

お客様の業界、製品の種類、販売先によって、知っておくべき法規は異なります。
事業展開の対象となる業界、製品種目など、特定の分野に対象を限定した定期的な法規制の動向監視は、スピーディな事業展開はもとより、企業のリスク管理にも有効な手段となります。
製品だけでなく、海外拠点が関係する法規の改正・追加などの動向を継続的に調査し把握する事も、海外に拠点を展開する企業様のリスクコントロールのためには非常に有効です。

E&ESは、会社設立以来、環境とエネルギーの総合コンサルタントとして、お客様の企業価値向上を目指し、最適な法規制調査等各種サービスを提供しております。

ご連絡先

イー・アンド・イーソリューションズ株式会社
環境事業部 営業グループ
鈴木 吉夫
TEL:03-6328-0080(代)
お問い合わせ:環境コンサルティング お問い合わせフォーム


この記事は
イー・アンド・イー ソリューションズ
鈴木 が担当しました

※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ