DOWAエコジャーナル > 環境便利帳 記事一覧 > 地下水・公共水域・水道水に係る基準値等比較表

環境便利帳

地下水・公共水域・水道水に係る基準値等比較表

環境便利帳では、地下水・公共水域・水道水に係る基準値等の比較表を作成しました。皆様のお手元において、便利に使っていただければと思います。

地下水・公共水域・水道水に係る基準値等比較表 その1

 基準地下水基準(mg/L)地下水の水質汚濁に係る環境基準(mg/L)公共水域の水質汚濁に係る環境基準(mg/L)
※1
水道水
水質基準(mg/L)
※2
水道水
水質管理目標値(mg/L)
※3
水道水
水質要検討項目目標値(mg/L)
※4
排水基準(mg/L)
 対象地下水地下水河川水道1級水道水水道水水道水排水
物質名土壌汚染対策法環境基本法
ダイオキシン特別措置法
環境基本法
ダイオキシン特別措置法
水道法水道法水道法水質汚濁防止法
ダイオキシン特別措置法
四塩化炭素第1種特定有害物質0.0020.0020.0020.0020.02
1,2-ジクロロエタン0.0040.0040.0040.0040.04
1,1-ジクロロエチレン0.10.10.10.11
シス-1,2-ジクロロエチレン0.040.040.4
1,2-ジクロロエチレン
※5
0.040.04
1,3-ジクロロプロペン0.0020.0020.0020.02
ジクロロメタン0.020.020.020.020.2
テトラクロロエチレン0.010.010.010.010.1
1,1,1-トリクロロエタン1110.33
1,1,2-トリクロロエタン0.0060.0060.0060.06
トリクロロエチレン0.030.010.010.010.1
ベンゼン0.010.010.010.010.1
カドミウム第二種特定有害物質0.010.0030.0030.0030.03
六価クロム0.050.050.050.050.5
シアン検出されないこと検出されないこと検出されないこと0.011
水銀0.0005
かつアルキル水銀が検出されないこと
0.00050.00050.00050.005
アルキル水銀検出されないこと検出されないこと検出されないこと
セレン0.010.010.010.010.1
0.010.010.010.010.1
砒素0.010.010.010.010.1
ふっ素0.80.80.80.8海域以外 8
海域 15
ほう素1111.0海域以外 10
海域 230
シマジン第三種特定有害物質0.0030.0030.0030.03
チオベンカルブ0.020.020.020.2
チウラム0.0060.0060.006  0.06
PCB検出されないこと検出されないこと検出されないこと0.003
有機りん
※6
検出されないこと1
ダイオキシン類その他1pg-TEQ/L
(年平均値)
1pg-TEQ/L
(年平均値)
1pg-TEQ/L
(暫定)
10pg-TEQ/L
硝酸性及び亜硝酸性窒素101010
アンモニア、アンモニウム化合物亜硝酸化合物及び硝酸化合物100
※7
亜硝酸態窒素0.05(暫定)
1,4-ジオキサン0.050.050.050.5
塩化ビニル0.0020.002
水素イオン濃度(pH)生活環境項目6.5-8.55.8-8.67.5程度海域外5.8-8.6
海域5.0-9.0
生物化学的酸素要求量(BOD)1160
(日平均120)
化学的酸素要求量(COD)3160
(日平均120)
浮遊物質(SS)25200
(日平均150)
溶存酸素量(DO)7.5以上
ノルマルヘキサン抽出物質含有量(鉱油類)5
ノルマルヘキサン抽出物質含有量(動植物油脂類)30
フェノール類0.0055
1.03
亜鉛1.02
0.310
マンガン0.0510
クロム2
一般細菌集落数100以下/ml
大腸菌群数50MPN/100ml以下検出されないこと3000(個/cm3)
(日間平均)
窒素120
(日平均60)
16
(日平均8)

※1 人の健康の保護に関する環境基準、生活環境の保全に関する環境基準のうち河川(湖沼を除く)、類型AA、(水道1級)を表示
※2 水質基準項目50項目より抜粋
※3 水質管理目標設定項目27項目から抜粋
※4 要検討項目48項目から抜粋
※5 シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランスー1,2-ジクロロエチレン
※6 有機りん化合物:パラチオン、メチルパラチオン、メチルジメトン、EPNをいう
※7 アンモニア性窒素に0.4を乗じたもの、亜硝酸性窒素および硝酸性窒素の合計量

なお、内容には正確を期すようにしておりますが、万が一誤りがあった場合でもその損害は補償しかねます。

▲このページの先頭へ

地下水・公共水域・水道水に係る基準値等比較表 その2

物質名要監視項目
(公共用水域)
(mg/L)
要監視項目
(地下水)
(mg/L)
水道水質基準
※1
(mg/L)
水道水水質管理目標値
※2
(mg/L)
水道水水質要検討項目目標値
※3
(mg/L)
クロロホルム0.060.06
トランス−1,2−ジクロロエチレン0.04
1,2−ジクロロプロパン0.060.06
p−ジクロロベンゼン0.20.2
トルエン0.60.60.4
キシレン0.40.40.4
イソオキサチオン0.0080.008
ダイアジノン0.0050.005
フェニトロチオン
(MEP)
0.0030.003
イソプロチオラン0.040.04
クロロタロニル
(TPN)
0.050.05
プロピザミド0.0080.008
オキシン銅
(有機銅)
0.040.04
ジクロルボス
(DDVP)
0.0080.008
フェノブカルブ
(BPMC)
0.030.03
イプロベンホス
(IBP)
0.0080.008
EPN0.0060.006
ニッケル0.01
アンチモン0.020.020.015
モリブデン0.070.070.07
フタル酸ジエチルヘキシル0.060.060.1
塩化ビニル0.0020.002
エピクロロヒドリン0.00040.00040.0004(暫定)
全マンガン0.20.20.01
ウラン0.0020.0020.002
塩素酸0.6
クロロ酢酸0.02
クロロホルム0.06
ジクロロ酢酸0.04
ジブロモクロロメタン0.1
臭素酸0.01
総トリハロメタン0.1
トリクロロ酢酸0.2
プロモジクロロメタン0.03
ブロモホルム0.09
ホルムアルデヒド0.08
アルミニウム0.20.1
ナトリウム200
塩化物イオン200
カルシウム、マグネシウム等(硬度)30010−100
蒸発残留物50030−200
陰イオン界面活性剤0.2
ジェオスミン0.00001
2−メチルイソボルネオール0.00001
非イオン界面活性剤0.02
有機物
(全有機炭素の量)
3
異常でないこと
臭気異常でないこと強度3以下
色度5度以下
濁度2度以下1度以下

※1 水質基準項目50項目より抜粋
※2 水質管理目標設定項目27項目から抜粋
※3 要検討項目48項目から抜粋

なお、内容には正確を期すようにしておりますが、万が一誤りがあった場合でもその損害は補償しかねます。

【PDF版をダウンロード】

地下水・公共水域・排水・水道水に係る基準値等比較表 その1
(2015年10月21日更新)

地下水・公共水域・水道水に係る基準値等比較表(要監視項目・水道水質基準)

【参考資料】

総務省 e-Gov(イーガブ)
地下水基準:土壌汚染対策法施行規則 別表第1

環境省ホームページ
地下水基準:土壌汚染対策法施行規則 別表第1
地下水の水質汚濁に係る環境基準について
水質汚濁に係る環境基準について
水質汚濁に係る要監視項目及び指針値
環境基準・要監視項目、水質汚濁にかかる環境基準の新旧対照表
ダイオキシン類対策特別措置法に基づく基準等
一律排水基準

厚生労働省ホームページ
水道水質基準について


※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ